湿板写真用タンクの自作

湿板を写真を製作するために、様々な道具を揃えないといけません。

そのなかで、硝酸銀液体のタンクと定着液用のタンクがありますが、残念ながら販売しているものは軽々2万円を超えてしまいます。

ただのケースでそこまでお金を出したくないので、自作することにしました。作業自体は4時間くらいかかりました。完成品はこちらです。

A4程度の大きさで、8X10のプレートも対応できる

素材と道具

近くにあるホームセンターに行って、素材と道具を購入しました。合計8368円ですが。リストはこちらです。

  • 5mmのアクリル板二枚:4700円
  • 樹脂用接着剤:636円
  • アクリル透明蝶(6つ入り):636円
  • 砥石:1090円
  • カッター:714円
  • アクリルカッター(Pカッター):592円

最初普通のカッターでカットしましたが、効率が悪過ぎたため、急遽アクリルカッターを購入しました。効果バッチリです!

素材と道具
アクリルカッター

アクリル板の切断

買ってきたアクリル板は紙で包まれています。その上に線を描いて、それに定規をそえて、カッターで溝を掘るようにしていきます。

溝を掘る

1/3程度の深さまで溝ができたら、力でアクリル板を割ります。

タンクの前、後、左、右をカットできた
下と上も同様にカットする

カットの断面はどうしても凸凹になるので、できるだけ素材の辺を流用して、カットする辺を少なくします。特に後ほど接着する辺を考えてカットする辺を決めています。

created by Rinker
アクリサンデー(Acrysunday)
¥418(2020/09/25 00:10:38時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの動画がかなり参考になったので、載せておきます。

3mmアクリル板をカッターで切断

アクリル板の接着

接着する前に、断面を砥石で平にします。紙ヤスリを使うこともできるが、両面テープで端材のアクリル板に止め使う方が使いやすいです。

前、後の面になる二枚のアクリル板を揃えて断面を

ある程度断面が平になったら、接着に移ります。アクリル板をもう一枚の上に立てて、接着面に接着剤を流し込みます。

今回油断したのは接着剤のはみ出しです。すぐに拭き取らないとすぐ乾いてしまって、跡が残ります。ショーケースではないので、そこまでこだわりしませんでした。できたのはこちらです。

created by Rinker
アクリサンデー(Acrysunday)
¥890(2020/09/25 00:10:39時点 Amazon調べ-詳細)

接着方法は動画の方がわかりやすいので、載せておきます。今回使った接着剤のメーカー(アクリサンデー)のオフィシャル動画です。

アクリル板接着方法

蓋をつける

ここまではアクリルケースを作ったのだが、閉めるための蓋も追加して、タンクに仕上げます。

作業自体は単純で、下の面と同じようなアクリル板とできたケースの間に透明蝶を二つ接着するだけです。透明蝶の芯が3mmなので、その分少し蓋がはみ出してしまいました。

透明蝶は外側にある

最後に、支えも作ろうとしたのですが、透明蝶だけでは固定できないので、一旦保留にしました。

透明蝶のところで固定できず、タンクが転倒する恐れがある

まとめ

ここまで、タンクの形ができたが、定着用には前面をのぞき、他の面を黒く塗るか、あるいは黒い何かでカバーした方をがいいと思います。

硝酸銀溶液用には外側を木製のケースで包むときれいなので、またやり方を考えます。

コメント